この多目的ロボットには二つのカメラが装着されてため常に方向感を失わずに操作することができます。特にコーティング作業をしているときには、カメラを180度回す時間が無いことが多く、前方のカメラでコーティング状態をチェックしながら、後方のカメラで方向を確認することができます。どんなコーナーでも完璧に仕事をこなせるようにブラッシングのシステム設計が施されています。

またパワフルな四輪駆動と2つのエンジンが独立して作動するため、エンジンの動きを止めることなく、コーナーを曲がることができます。このおかげで圧縮空気ホースまたはコーティングケーブルが30メートル以上の長さとなっても操作することができます。